忍者ブログ
25 September

VOCALOID "DIY" Albumについてとか。

作曲が迷子です、どうも水城です。

とりあえず212の半テンで作るか…
好きなように、好きな音を奏でよう。
僕による僕の為の歌。
そう思うと気が楽になります。
World musicやBGMなんかを作ってる時はほんと好きなようにやってます。今回のCDに収録予定のinstがそれです。
そして、早くも次のアルバムに向かって動いています。

次のアルバムはVOCALOID OnlyのDIY的アルバムを考えています。
7曲+インスト3曲、くらいの。
ボリュームある仕上がりを目指してます。
コアな音を奏でます。SWANSONGやraptioやSUPER FLUTTTER等。
今回のミニアルバムでも使ってますけどね、もう一歩踏み込んで。

無機質なVOCALOIDって歌姫を迎えての制作です。過度なエフェクトもものともしません。
finger//Glich//stutter edit//bitcrusher//chorus
色々考えてます。
オートメーションを書くことを覚えたので、試したいことが沢山あります。
NicoNico/youtube用にボーカル頼むかもしれませんしFXトラックで。

VOCALOIDの文化は好きです。
個人的にハチさんは苦手でしたけど。(別に貶すつもりはないです)
kzさんやryoさん、DECO27さん世代だからですかね。
自然に耳に入ってきます。 
馴染みのある声、無機質だけど心地好い…加工のし甲斐もある。
まだ広がる世界を感じます。

4536 4566って鍵盤で弾くとうざったいのに、ギターで弾くと爽やかなのは何故でしょうか。
今回は普段使わないコード進行も使ってみようと思います。ツーファイブとか。
今回は裏コードも積極的に。
お馴染みの11thや13thも
dimやaugなんかも使いたいですねー。

最近耳ばかり肥えて実力が伴わなくなってきてます。
ギター然り、鍵盤然り。
もっと王道のプレイイングで弾けた方がいいの…かな…?
でもエフェクト使いとか邪の道を突っ走ってる気がします。
fuzzfaceやtonebenderなんかで王道のリフも弾いてみたいです…
fuzzrite作ったら練習しますか。

雑記ですが、それでは。

拍手

PR