忍者ブログ
19 September

経過報告とか。

こんばんは、水城です。

"You can forget 
everything when you sleep.
øverdoze and
approaching death.

もし僕が消えてしまっても
キミを愛してる
明日も未来もその先も

まるで幻のような時間に
キミを愛してる
いつまでも変わらずに
øverdoze and eternity love. U
そっと眠りにつこう
踊る糸が途切れるまで"


øverdoze - Egoistic Electronics.

制作中。
聴いてくれるかな?
ハッピーでドリーミーな、かつバッドトリップしたような曲にしようと悩んでる。
朦朧とした意識の中で思う、

"キミを愛してる"

が言いたかった。
overdoseは常習犯だからね。

明日は1日空いてる。
制作を進めよう。
808kitでキック打ってる。重さが不安だったけど、こういう曲なら丁度良いな。
STUTTER EDITやfingerでボーカルエフェクト掛けるけど。
トリップ感を出すにはどうすればいいのか…

ボーカルにピンポイントでコーラスやフランジャーのモジュレーション書きますか。
M83でも聴いた方がいい?
でもインプットは狭めたいんですよね。

ピアノやチェンバロ(ハープシーコード)で下支えをしつつ、美味しいところでKarDiaN vitamin Cでリード入れます。
チェンバロ使うのは何気に初めてかも。

ベルのフレーズがまだ降ってこないんですよね。
ボーカルメロは1フレーズできました。
ここからどう広げるかですね。
BAROQUE _ PERFECT WORLD / EN ETERNITY / BIRTH OF VICTORY / LAST SCIENCE辺りを聴いて熟考です。
今作はPEPだけ聴いて作ったと言っても疑われないでしょう。

izotope stutter editはプリセットばかりでエディットできてません。
する必要も感じませんけど。
これから凝っていくには必要なんでしょうね。
fingerはいつも通り。ボーカルに掛けることが増えました。
VOCAL SYNTH 2でボコーダーも使いたいんですが…
見極めないと、買ったら使わなきゃと思うと駄目ってなってました。

雑多ですが、それでは。

拍手

PR